検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

川崎の地名、下野毛、かなり恥ずかしい(てか、知り合いが「あそこには住みたくない」って言ってました)。なぜこんな地名になったのか調査して欲しいです。(せったーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

野毛は崖を意味する語。昔、下野毛は世田谷区の野毛、上野毛と同じ村でした。それが別れて「下野毛」となって現在も地名として残っています。

  • LINE
  • はてな

2012年07月01日

ライター:吉田 忍

下野毛散策(続き)

昔から工場は多かったけれど、畑も多かったようだが、今はほとんどない。ここ10年ぐらいでマンションや住宅が増えてきたので、数年前にこのコンビニができたのだそう。

10年ほど下野毛に住んでいるという店員の柳瀬さんは
「多摩川が近くて、とても良いところですよ」
そして下野毛という地名についてうかがうと、意識したことがなかったとのこと。

投稿者のご意見のように、下野毛のイメージはよろしくないのであろうか? 不動産屋さんでお話を伺った。
 


下野毛にある不動産屋、日栄商事


地名についてうかがうと、実は10年ほど前に藤が丘や青葉台のように、地名を変更しようという意見があったとのこと。ちなみに、藤が丘は「谷本」、青葉台は「恩田」という地名だった。
しかし、昔から住んでいる人々は下野毛という地名に、とても愛着を持っている。
下野毛というのは、元々、世田谷区の上野毛、野毛と同じ地域で、ここ下野毛に古くから住む方々のお墓は今でも上野毛にあるのだそう。
 


更新料は手数料しか頂かないという、やさしそうな大塚社長


周辺の家賃についてもうかがったところ、下野毛は隣の町に比べて少し安いとのこと。しかし、それは地名のイメージによるものではなく、最寄り駅からの距離が遠いため。



下野毛、地名の由来

さて、本題。下野毛の「下」は「上」に対しての「下」。そこで「野毛」について調べた。

昔、「野毛」(ノゲ)は「崖」を意味する語であった。崖のある場所の地名として、今も野毛が残っている。
横浜市中区にも「野毛町」がある。動物園があり大道芸で有名なところだが、野毛山公園の東南側や、横浜道などに崖を見てとれる。

一方、川崎の下野毛であるが、ここには特に崖らしき場所は見あたらない。
しかし、世田谷区の「野毛」「上野毛」を見てみると、こちらには等々力渓谷や、崖の斜面を利用した公園、上野毛自然公園がある。環状八号線から多摩川に下る道はかなり急で、昔は崖のような場所であったと推察される。
 


多摩川を挟んで、野毛と下野毛(Google Mapより)
 


多摩川対岸には崖がありそうな山がある


古くは、野毛、上野毛と下野毛は、野毛というひとつの地域であった。

1889(明治22)年、それまでの奥沢・尾山・等々力・下野毛・上野毛・野良田・用賀・瀬田の8村が合併して玉川村が成立し、下野毛村は玉川村大字下野毛となった。

1912(明治45)年、府県境界の変更があり、多摩川右岸にあった区域は神奈川県となる。

多摩川を挟んだ東京都と神奈川県には、他にも同地名がかなり残っている。
たとえば、世田谷区宇奈根と川崎市高津区宇奈根。世田谷区等々力と、川崎市中原区等々力。川崎市中原区上丸子と大田区下丸子。

現在の多摩川は護岸が整備され、流路が固定されているが、かつては氾濫することも多く、蛇行を繰り返し、流路を変えている。

多摩川を挟んで東京と神奈川に残る同地名。こうした地名は、かつて多摩川が大きく蛇行していたことで、同地名の地域が川によって分断されていなかった頃に名付けられたと思われる。




最後に

下野毛は、「野毛=崖」+「下」から来ている地名だった。

字面だけ見たり、声に出して(特に少々間違えて)読むと、投稿者のおっしゃる通り、恥ずかしいと思われる方もいらっしゃるだろう。

しかし、昔からの地名には過去につながるロマンが秘められている。青葉台が、かつて恩田村だったと知ると、おぼろげながら昔が見えてくる。
みなさんもお住まいの地名から昔の様子に思いを馳せてみてはいかがだろう。
 


下野毛散策で見つけた理髪店。店名は残念ながら・・・?



― 終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 川の蛇行もそうですが、多摩川は昔は漁業が盛んだったり、渡し舟を通じて交通があったりしたので、同地域性がもともと強いのかと思われます。

こんな記事も読まれてます

怪談めいた話が出てくる? 川崎市高津区にある地名「子母口(しぼくち)」の由来を教えて!

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(11月23日)見た目のインパクトが強烈な家系ラーメンとは!?

さよなら二階建てバス! ラストラン&廃車ツアーを密着レポート!

かつて世界一の大きさだった川崎競馬場のドリームビジョンとは?

戦争とともに幻に。根岸競馬場内にひっそりと存在した旧海軍用の印刷会社「文寿堂」の歴史を教えて!

無料の野毛山動物園をはじめ、横浜市の動物園が充実している理由とは?

横浜・みなとみらいの駐車場事情2019!お得に利用するならどこ?

オシャレな店とカッコイイ若者たちに出会える街、はま旅Vol.102「能見台」編

おすすめ記事

川崎大師の参道にたんきり飴屋が多い理由は?

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

川崎のセメント通り、鶴見のゴム通りの由来は?

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

オシャレな店とカッコイイ若者たちに出会える街、はま旅Vol.102「能見台」編

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

“陸の孤島”で幸福に空腹を満たす旅。はま旅・番外編vol.1「本牧」編

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

新着記事

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市がカジノ誘致する報道がありました。林市長は住民投票しないとの見解を示していますが、到底納得でき...

  • 鎌倉由比ヶ浜通りにあった和菓子屋さん「桃太郎」が、なにやらお化け屋敷になっていました。いきさつ含め、...

  • ついに横浜市へ「カジノを含むIR」の正式誘致を林市長が発表しました。発表がギリギリまで遅らせての深夜...

最近のコメント

アクセスランキング